2012年06月19日

あなたならどうする?

ママに手をひかれバスから降りる
4歳くらいの女の子


『ありがとーーございましたっ!』


大きな声で上手に言えました☆






無言のバスの運転手さん




重い違和感に包まれたバスは

『発車します』

と決められた合図と化したアナウンスとともに
ゆっくり動き始めました






女の子がバスから降りるまでの数秒間


私になにができたのか


私はどうしたらよかったのか


私はなにかするべきだったのか


色々考えたけれど
どれもちょっと違う気がします






『どういたしまして』


『お気をつけて』


『またご乗車ください』






あの時の乗客みんなが聞きたかったのは

きっとこんな運転手さんからの一言






言葉は聞き流されていくもの




でも記憶に残るもの




せっかくなら
いい記憶を残していきたいと強く思いました…☆
posted by 女優・acting講師小林音子 at 03:02| Comment(4) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
?????瀛???斤?浣[??藉???????熹ツ害?????冀??經??リゾート???
Posted by 神奇的瑜伽:50?的年?20?的骨肉 at 2015年09月28日 18:44
>貧乏鈴木さん
無関心には決してならず、心の声を持つことだけは忘れないでおきたいなと思います☆

>NO NAMEさん
お久しぶりです!貴重な読者さまにご心配お掛けしてしまいスミマセン。。
元気なのでまた更新致します☆
Posted by 女優・acting講師小林音子 at 2012年09月24日 20:39
音子さん、お元気でしょうか? ブログの更新がないので心配してます。
Posted by NO NAME at 2012年09月16日 17:16
言いたくても言えない
あります
だからせめて心の中で
いや、やはり言うべきかな
と改めて自分に言い聞かせました
Posted by 貧乏鈴木 at 2012年08月24日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。